不動産にまつわる豆知識の数々

住宅取得に関しての注意点をよく確認しよう

住宅取得は人生で最も高価な買い物といわれます。
それだけに、色々な事に気をつけなければならないのです。
 よくあることですが、購入後の物件への不満もよくあります。
購入時は物件自体も気に入って購入したはずですが、子供ができて日常生活に対する不満が積もることもよくあります。
駅から遠い、学校が遠いなどの理由で引越しをする人さえいます。
これは決して人事ではないのです。
よくある事例で、ライフステージをしっかり考えていなかったために生じるものなのです。
 将来子供が誕生したことを考えていれば、この物件は購入しなかったはずです。
今後のライフステージをしっかり考えることが重要なのです。
 ここでもう一つ考えるべきことは、ライフステージの変更が起こりうる可能性も視野に入れておく必要があります。
今働いている職場には転勤はないのか、というようなことも考える必要があります。
 しっかりとしたライフステージができたなら、いよいよ住宅取得について考えますが、ここで問題になるのは予算です。
預貯金などを考慮しながらいくらぐらいの物件が購入できるのか考えます。
そして月々の返済額も考えます。
人によっては、かなり高額の住宅ローンを組めるはずですが、それでローンを組むと、返済ができないというケースもあります。
月々いくらの返済なら無理なく対応できるということも考慮しながら住宅ローンの借入額を決める必要があります。
 そして以外に忘れがちなのが、修繕計画です。
建物は時間が経過するとともに劣化します。
つまりいつかは修理をする必要が生じます。
一戸建ての場合は自分で修理をしなければならないのです。
ですので、マンションのように少しずつでも積立をする必要があります。
その他にも固定資産税の支払いなどもかなりの金額になりますので、税金や諸経費についてもしっかり考える必要があるのです。
 考えることが多すぎで頭が痛くなる人もいるはずですが、それだけ慎重になる必要があるのです。